ある会社に派遣されて働いています。

派遣社員として働いています。派遣法とかのからみで不本意ですが長い期間働いた派遣先の会社での仕事が終わります。同じ派遣の方の中には、派遣先から直接雇用の条件をゲットした方もいるのですがそれは正直に言うと仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのごますりが上手な方でそれで採用されたとしか思えません。仕事のスキルよりもおじさんを転がすスキルが必要なのかなーと抜擢されなかった別の派遣の仲間と派遣先の職場で愚痴る毎日です。

数日前人材会社に登録に行きました。

数日前転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。そこで登録カウンセリングを行うために現れた担当者の雰囲気が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明している話の2分の1もわかっていない感じ。にもかかわらず「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんとと自分の強みと弱みを理解しておくべきでしょう」等、上から目線で偉そうに言うのでとっても不快でした。カウンセリングを担当する人はいくらか仕事を経験している人にするべきです。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎた…

派遣社員というものは、契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを転職活動したことで学びました。私は新婚生活が落ちついたあとすぐにでも子育てに取り組みたかったので、妊娠するまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今の継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員より年収は少なめでしたが、家庭の時間のために、この道を選択しました。ところが、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほぼ全員のスタッフが派遣の仕事を10年~15年ほど勤務しているというのです。たとえ派遣を選択したとしても、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

転職活動を始めるにあたっては、あらかじめ、求人票やパンフレット、WEBサイトなど…

転職活動を行うとき、まず、ネット上で転職関係のサイトを見たりして気になる会社を調べるでしょう。とはいっても、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。たとえ公表するとしても差しさわりのない表現をします。そういった会社や社員に関連する情報については、それを鵜呑みにするのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも書かれていたことを信じて入社してしまった場合、予想とは全く違うと後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんな言いがかりをつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。この手のことは、いわゆるブラック企業に多いです。

仕事を変えた際には、高い確率で前の仕事のたいていの記憶は美化されます。

仕事を変えると、高い確率で前の仕事の出来事は美化されます。実際のところ現在の待遇に不服があるから、そういった思いを解消するためにやっと再就職を決めたはずなのに、気がつくと、どういうわけか転職後の会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と感じることが増えてきます。それというのもそれもそのはず、以前の職では業務をこなすことに慣れきっていて簡単にやるべき仕事ができていたからというのが根底にあるはずです。実際は「退職しなけりゃよかった」と心底後悔するほど、過去の会社のほうが労働環境や、自分に向いていた場合があります。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

カテゴリー: 健康的生活

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)