新しい職場で、自身の過去の能力を活かすことができれ…

転職先で今までに培ってきた能力をフル活用できれば、即戦力として認知され、割と早く職場で存在感を得られるでしょう。人を雇おうとしている会社側も、そのような即戦力は常に必要なので、タイミングさえうまくいけば、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。更に今までの仕事と同じ業務内容なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。かと言って、まずまずの能力があるといっても大手企業の事務職系や公務員系(国家・地方ともに)はいつの世になっても、相当な競争率となるのは違いないでしょう。

転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ行きました。

転職における面接にとある会社に赴いたときのことです偶然会社の部屋が空いておらず外の会場で面接官と待ち合わせて面接をし、その場で解散をして、面接官も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、驚くことに下りる駅が私と同じだったのです。ですから電車の中においても彼とずっと話をしながら帰ることになり、その結果緊張がほぐれ面接よりお話が弾み、それが原因か幸運にも採用を勝ちとることができました。

20代前半に転職を2度行い、そして現在、資格取得の勉強をしなが・・

20代に転職を2回経験し、今現在は資格を取得したいので「派遣社員」を選択しています。フルタイムの勤務を選択しなかったのでやはり手取りが以前よりも少なくなりました。しかし、前よりも心と時間的な余裕ができました。学生時代にもっと資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際に、そういった人を見る度、かなり羨ましいと感じたりもします。これまで、うまくいってる人と自分と比べて、肩を落とす日もありました。しかし今は、結婚を経験し、がらりと生活環境もかなり変わり、以前よりも明確な目標ができて私も新たな目標に向かっています。

年内中に転職される人で次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は・・

近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら必ず失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては今働いている会社側がきちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、働いている企業の都合や残業時間によってはただちに受け取れる可能性もあります。このときの、受け取れる「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の直近の給料を基準にして失業手当の支給する額を計算するので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

近年はウェブ上の就職斡旋エージェントの中で「ヘッドハンティング会社」も増えています。あなたに特許を出した経歴があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を世に出したことのある人や、マスコミで紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われることを言われたときには、心当たりを考えてみてください。ときとして、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる会社もありますが、高い確率で詐欺といえるので引っかからないようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要はありません。


未経験の転職

カテゴリー: 健康的生活

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)