退職と転職を繰り返さないためには、コツが要ります。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を強くするヒントは容易に知ることができます。さらには、転職とは全然違う行動によっても、精神面を強化することができます。オススメは、「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、刺激をたくさん受けることができます。ですから、帰国後変化があるのです。日本に帰ってくると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。この状態のまま(転職のための)面接に向かえば、今までとは格段に違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ですが、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いのでこれからのために休みも必要です。

職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズでも大丈夫で・・

転職の面接において会社側からクールビズでお越しくださいと伝えられる場合もあるようですが、クールビズで赴くのは本当は悪いのでは?とマイナスに考える人もいます。そのような思いを心に抱えている方にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接のときは書かれていることを素直に聞き入れるほうが正しいです。疑心暗鬼になってしまい、夏の暑い時期にきちっとしたスーツの格好をしていくと相手に暑苦しいと思われます。ですから、クールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズでも大丈夫というわけです。

私たちの労働環境は、近い将来ますます単純労働は機械で対処されるように…

近い将来、私たちの労働環境においてますます単純な仕事は機械で済まされるようになり当然のことながら必要な労働人口は少なからずカットされていきます。そのワケは、単純な仕事という観点では人の手を借りるよりも機械で作業するほうが数段に分があるからです。数を数えたり同じ作業をずっと繰り返したりすることは機械にとっては何の苦もありません。人間とは違って泣き言も言わず、疲れることがありません。また、ずるもしない、早いし均一にこなせます。ヒトとは違い、給与も発生しません。このように、生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化が自然の流れなのです。

昔務めていた会社で嫌な上司の存在に悩まされて、ついに…

働いていた会社で嫌で反りが合わない上司に心をすり減らし、とうとうやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同業他社に職を変えました。そこでは気分よく仕事ができ充実した日々が続きましたが、じわじわと会社の収益が落ち込み、最後には経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合先の会社がなんと前働いていた会社で、その上すごく嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。いったいこれは本当に縁があります。当然ながら再度の転職活動を始めています。

自らが仕事を探していた時期にたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

私が勤め口を探していたころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質においても驚くほど様々あって大体は物足りない方ばかり。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと真摯に向き合ってほしいという気持ちが募ってしまいました。それが発端となり私はキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。その資格の取得はお金もかかったし勉強に関してもかなりきつかったのですが、求職中の人に頼みとされるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。


気になること、知識の泉

カテゴリー: 健康的生活

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)