派遣で働いています。派遣法と労働契約法により否応な・・

派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法の関係で不本意にもずっと働いていた就業先での仕事の契約が終了します。派遣仲間の中には、派遣で勤務している会社で正社員のポストをつかんだ人もいるのですがその理由としてはぶっちゃけた話仕事ができるわけではなく派遣先の上司の扱いが上手な方で引き立てがあったよう。業務処理能力よりもおじさんに媚びる能力の方が大切なんじゃないのと選考に漏れた派遣仲間の同僚と勤務先で愚痴る日々です。

転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に向かいました。

先日仕事を探すために人材会社へと登録に向かいました。登録するときのカウンセリングをするために現れた担当の方がどうも若い社員のようで、こちらが説明していることの半分もその社員はわかっていない感じ。さらに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくことが大切でしょう」とか、知ったかぶりに偉そうにのたまうからとても嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当させるのはそれなりに仕事の経験がある社員にするべきだと思います。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経った…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職を通じて感じました。新婚した後、生活が落ちついたあとすぐにでも子供が欲しかったので、子供ができるまでの間のために約1年半~2年ほどそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員としてだったので、正規よりも月収は少なめでしたが、それでも家庭の時間のために、この道を選択しました。が、入社してみたら、一緒に働いている人たちはほぼ全員のスタッフが10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣であったとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気などなく、ちょっと困っています。

転職活動を始めるにあたっては、事前に求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したり・・

転職活動を始める場合、始める前に、インターネット上で求人サイトを見たりして転職したい会社を調べると思います。しかしながら、その会社が情報を公にする場合には、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。不都合な内容を公表する場合も、表現に神経をとがらせています。その種の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、予想とは全く違うと気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、文句をつけながらいかにして辞めさせないようにするか画策しています。この手のブラック企業には注意が必要です。

転職すると高確率でそれまでの仕事はほとんどは美化された記憶となります。

転職後は、高確率で前の会社の仕事でのたいていの記憶は美化されます。本当は現在の会社に合っていないと思ったから、良い方向に進みたいとやっとのことで新たな仕事に就いたのに、時間が過ぎるとともにどういうわけか転職後の会社よりも「前職のほうが良かったかも」と思う機会が増えてきます。それというのも極めて自然なことで、前の職では日々の業務を把握していて、すんなりと与えられた業務がしていたのももっとも理由にあるはずです。ですが、「どうして退職したのか」と真剣に後悔するほど、過去の職場のほうが人間関係や高く評価されていたケースも考えられます。


神奈川水道

カテゴリー: 健康的生活

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)