現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり・・

現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名が公開されるなど、不利益を被る仕組みが出来てきましたが、まだまだ物足りないといえます。そこで、面接で見破る必要が出てきます。はじめに、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらをもとに遠慮せずに質問してみることです。「ブラック企業」の場合、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になることがよくあります。特に「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について尋ねると、渋い表情を見せる場合が多いです。それでも迫ると、ふてくされたような態度になってくるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、「何か引っかかる」と思ったなら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

仮に転職を考えたとしても、全てが都合よく運ぶかどうかはわかりません。

転職をしようと考えていてもあらゆることが順調にいく確証はどこにもありません。もしも転職するのなら、なにはともあれ若いうちになるべく早く転職を試みるべきです。普通は、20代の若いうちは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代に達してしまうと転職自体がたいへん難しくなります。管理職など、重要な役職に就いているのなら、転職を考えていても現在の会社に留まることも選択項目に残しておくべきです。退社してから転職活動を開始するよりも、現在の会社には残ったまま時間をかけて注意深く行動したほうが良い、ということです。

転職サイトや転職エージェントなどを使用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動することは今では当たり前のことです。とはいっても、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、並行して転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することであなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、加えて、フェアに参加している企業スタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。転職フェアに参加する場合は、面接を受けるのと同じようにしっかりと自分をアピールしましょう。その結果フェアでの交流の中で企業に自分の魅力が伝われば、そのあとの面接に進む際にかなり有利になると期待できます。

転職時の面接でいるスーツの色味は、新卒の方が就活の際…

仕事の面接で必要なビジネススーツの色合いについては、新卒の方が就活の際にに着用する色合いが一般的です。言い換えると、黒や紺色といった感じのようなダークな色合い、ということになります。それは再就職の面接においても、スーツの色はこういうダーク色が圧倒的に多くて、そうでないカラーの人はほとんどいません。強いて言えば、まれにグレーのビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、割合からしても黒系や紺系のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、面接を行う人事から見てもそのような色が違和感なく見えますから、見た目の印象という観点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

転職する時に行われる面接のときにつける腕時計においては、…

転職をする際の面接を受けるときにする腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目立つ腕時計は着用をやめた方が安全といえます。目立つ腕時計とは明らかに高価そうに見えたり、というだけではありません。反対にチープなものの印象を与えるとか、そういった目立つということで両極端な意味で目を惹く、と認識しておいてください。再就職の面接のときにつけていく腕時計というのはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、無難なものを選んだ方が好印象を与えてくれます。ただ、年齢にあっている腕時計ということも大切なことで、新卒の時に面接で着用していた腕時計よりは多少でも高級感のある腕時計にした方が好ましいとはっきりといえます。


合同会社ZEALL ホテルコンサルティング

カテゴリー: 健康的生活

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)