転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。企業の多くは履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、なによりもこの2枚の書類の作成が大切なポイントになってきます。ただ記入するだけにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが重要です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などかなり具体的に書いていきます。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを頼ること満足のいく転職をするための選択肢として考えておきましょう。

転業を検討しているのなら、労を惜しまずに多種多様な会社の情…

再就職を近いうちにするつもりなら、多くの企業の情報を調べたり比較したりしておくと転職先の判断がしやすくなります。現在の職場になにか納得のいかない部分があるケースでは、転職活動する際に、どこの企業もいいように思えてしまします。そんな状態に陥ると、どこを選択したら良いのか迷いが出てしまい判断を誤る可能性が高くなります。したがって、短期間で退職の道に進んでしまうので、事前に正しい判断ができる目を養っておくのがベストです。方法としては、企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引している会社も気にしておきましょう。透明性を重んじる企業は取引している会社の情報を公開していますし、そうでは無い会社は傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから確認しておいて損にはなりません。さらに、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名を調べると細かい所もチェックできます。

何年か前までは求人誌に募集要項の中に「性別」まで、当然のように記載されていました。

何年か前までの求人情報には、雇用主が必要とする「性別」について、しっかりと記載されていました。けれど今現在では、男女雇用機会均等法が施行され、採用において、男女の差別がないようにしないといけない事が決まり、求人情報の詳細に「性別」が記載されなくなりました。とはいえ、募集情報を出す会社は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。現実問題として、男手が希望の業種に女性の応募が殺到したり、女性が必要なのに男性が応募してくる、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。仮に、「女性が活躍する職場です」の記載がある場合、雇い主再度が「女性」を必要としている、と読むのが良いといえます。

転職活動をしていると、面接において絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。これらのうち「志望動機」は、あなたの思ったことを正直に伝えて問題はありませんが、これとは違い「転職理由」をありのまま話すのはキケンです。給与の不満、同僚・上司との人間関係など、採用担当者に悪いイメージを与えやすいものです。自分が不利になることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対抗して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この会社に入社してこんな貢献をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えるのが正解です。

転職のための面接に関して、よく思い違いがあるのです・・

転職のための会社での面接でのやめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり過度に猫かぶりしていると、それがそのまま悪い結果につながります。そうならないために思い切って面接の際は「給与制度」といったような、通常はかなり質問しにくい内容を思い切って率直に聞いておくと絶対に自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なそういった内容を無神経に尋ねることで最終選考に不採用になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。しかしながら好印象を持ってもらえる可能性が高いといいます。これらのお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。ですが、面接応募者の多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。そこで、あえて踏み込んでおいたほうが、「ほかの人とは違うな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。


初心者エンジニア応援ブログ

カテゴリー: 健康的生活

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)