このような話は知人から聞いた話です。

この話は知人の話です。新卒採用にて入社を強く望んでいた目標であるA社で行われた最終の面接で不採用になって、ですから不本意ながら他の会社に就業しました。その後3年経過した頃に派遣の求人サイトをチェックしていた際偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、どうにかしたくなって当時働いていた会社をすぐさま辞めて、A社で派遣での勤務を開始、やったな、と思った行動です。必死に頑張ってそれから後どうにかA社で正社員として仕事をすることができ、現在では仕事のやりがいを持ちつついきいきと仕事しています。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。

失業保険の給付について、仕事を探していることの証明が必要になりますが、しかしながら、現実は「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくはゆっくりと過ごしたい」と思う人も少なくないでしょう。というワケで、本気で次の仕事を探しているように見せる方法は、あります。毎月欠かさずハローワークに行くのは当然になりますが、そこで、求人票の閲覧は最低限やらなければいけません。真摯に探すモチベーションがわかないときは、「求人票」にだけ目を通し、ハローワークスタッフとの面談時、「労働条件のいい仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が見当たりませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙いましょう。

転職を行う際、今務めている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのです…

転職を行うにあたって、現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もしも自分から退職届を提出して退社する、いわゆる「依願退職」であった場合は失業保険をすぐに受け取れません。手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を勘違いしてハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果としてハローワークの保険担当者と口喧嘩をしているのを見たことがあります。念のため、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けたのち直ちに失業保険をもらえます。

昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

昔から日本には”石の上にも3年”という諺がありますが、現在の社会では「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。しかし、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。再就職したいなら、適したを的確に捉える必要があります。ますはじめに、現在の職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できていないと思うことを少なくとも5、できれば10個ほど、紙に書き出ししてみましょう。其れによって再就職に役立ちます。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、迅速に、今よりも良い仕事ができるよう、トライしていることも大切です。

もし転職することが、今の会社にいる人たちがあなたが退職すると知ってしま・・

再就職の前に、今勤めている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと状況が一変するおそれがあります。働いている会社の環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるおそれもあります。また、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく「転職します」と周囲に言うのは注意が必要です。そのような状態を避けるために、現在の仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、気持ちよく会社を退職できるはずです。また、何の問題もなく円満退職となったなら、退職後も、相談にのってもらえるチャンスにも恵まれるはずです。規模などに関係なく、どんな企業でも、人との縁は大事なので、会社を辞める際のトラブルは、できるだけ回避してください。


スグル公式サイト

カテゴリー: 健康的生活

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)